住んでいるマンションの価値

7月 13th, 2014

住んでいるマンションの価値
私は、神奈川県無内の渋谷まで電車で一本の駅にマンションに住んでいます。
賃貸で1Kですが、駅から徒歩5分という場所のため、駅に行くのも苦ではありません。
私のマンンションの良い所(評価すべき点)して、駅近、スーパーが近い、家が広い、家賃が安い、オートロック、駐輪場などがあります。
これは住む場所の基準の一つとしてきめる部分であり、そのマンションの価値として高く評価される部分です。
逆に良くない点(評価されない点)は電波が悪い、衛星放送がみれない、ユニットバスであるところです。
このように、このような点があると逆にマンションの価値が低く評価される部分です。
しかし、私の実体験ですが、家の広さやユニットバスは住んだ後に工事して解消されることはありませんが、近くのスーパーや、電波が悪い、衛生放送は住んでから解消される場合があります。
私が住んでから、二ヶ月たったころにマンション全体で衛生放送のアンテナが標準装備になったため、私の家では衛生放送が見えるようになりました。
それに加えて、付近の電波の改善工事が行われたため、今まで家の中の電波はあまりよくなかったですが、アンテナが全部立つようになりました。
このように、自分がマイナスと思って借りたマンションでも、管理人がそのマンションの価値をあげようと工事する場合があります。
そのため、まだまだ、改善できそうなところは今のうちに安く借りることができるということです。

家を買うべきかマンションを買うべきか

6月 17th, 2014

家を買うべきかマンションを買うべきか
家を買うべきかマンションを買うべきか。
昔まだ大して貯金も貯まってないころに妻とそんな討論をしたことがあります。
ちなみに私が家派で、妻がマンション派でしたね。
どちらがいいというのは今も簡単に決断できる問題ではないと思っていますが、現実的なことを考えていたのは私よりも妻の方だったかなと感じますね。
私は何でも自分の自由にできるから一軒家がいい、マンションは色々と面倒臭いというだけの単純な主張でしたが、妻の方は違いました。
一戸建てとマンションと、環境や広さが同じものならばマンションの方が土地代がかからない分安いこと、マンションの方が防犯面でしっかりとした管理を期待できること、マンションの方が何かトラブルが起きたときにすぐに対処してもらえること、その他いろいろを懇々と諭されてかなりの敗北感を味わいました。
最終的にマンションの方が高いところの綺麗な景色が見られると言い出したときは、やっぱり同じようなレベルだなと思いましたが。
家にしてもマンションにしても、普通の人にとっては一生の買い物になりますから、様々な面から吟味した上で決める必要がありそうですね。
どちらにもいいところがあるからこそ、家がいいかマンションがいいかという問題は、最終的には好みで決断するより他無いのでしょう。

マイホーム土地探しのポイント経験談。

6月 17th, 2014

マイホーム土地探しのポイント経験談。
新築のマイホームを建てようと半年ぐらい前から奔走してましたが、なかなか土地を探すのは苦労しました。
勉強もしたとは言え素人ですからね。
うまく探すのはポイントがあります。
土地って結構曖昧な部分が多く、情報を集めたりしても実際に行ってみたりすると違ったりも多いです。
話を聞いても真逆の事を言われたりもするんですよね。
途中から自分だけで探すのは諦めて不動産屋さんと一緒に探すようにしました。
そしたらかなり色々と出てくるんですよね。
ココ来たのにそんな話聞かなかったなんて事もありました。
多少田舎の方だって事もありますが、やはり不動産屋さんは強いですね。
年配の人で仕事しているんだかしてないんだか分からないタイプの人でしたが、なかなかやり手でした。
今は自分で探す人が多いから、そこまで人の多くない地域は良いのが沢山残っている場合もあるよ、とアドバイスされました。
情報として出てくるのはすでに商品として出ているモノが多いので、お買い得とか良い土地とかは見つけにくいようです。
なので土地探しの場合は、結局良い不動産屋さん探しと同じ意味があるように思います。
土地は出てこない情報がとにかく多いので、地元の不動産屋さんはやはり強いです。
特に田舎の方になれば成る程その傾向は強いと言う話で、半額にして貰った事もあったなぁ、なんて羨ましい経験もその人から聞きました。
無理にとは言いませんが、ある意味で言う土地職人さんの力は借りない手はなさそうです。
有能で良心的な人も確かにいますからね。

家が売れる見通しがつきました

6月 17th, 2014

先日、ようやく以前住んでいた家が売れる見通しがつきました。
その家は洋風のとてもおしゃれな家で、私たち夫婦が8年前に友人から買い受けたものでした。

ただ高台にあり、眺めは抜群なのですが、急な階段を40段ほど上がらねばならず、若いうちはいいけれど、歳をとってから住むのはしんどいという理由でなかなか売れなかったのです。
不動産屋さんもいろいろなお客さんにおすすめ物件として紹介してくださったのですが、どの方も「階段さえなければ即購入したいけれど…」という反応だったそうです。

でも、その中である女性の方が、ログハウス風のしゃれた内装や機密性の高いしっかりした建築を気に入ってくださり、「どうしても購入したい」と家族を説得して、買う方向で考えてくださったのです。
「こんな家に住むのが夢だった」とも言ってくださいました。

売りに出してから約3年。
もう売れないかなとあきらめかけていたのですが、気に入って大切に住んでくださる方が見つかって本当によかったと胸をなでおろしています。

主な住宅ローンの種類と特徴

6月 4th, 2014

住宅を購入する場合には、住宅ローンを組むことが一般的です。
住宅ローンには、主に民間の銀行が提供するものと民間銀行と住宅金融支援機構が提携して提供するフラット35の2つがあります。

この2つの住宅ローンはそれぞれ特徴が異なりますので、今後住宅の購入を検討されている方は事前にしっかりと確認しておきましょう。
1.民間の住宅ローン民間の住宅ローンの最大の特徴は、金利の低さです。

特に最近では、金利面を優遇するキャンペーンを提供している金融機関も多いため上手く利用すればかなりお得に融資を受けることができます。
ただし、融資期間が長ければ長いほど金利は高めに設定されてしまいますので、返済計画が長期に渡る場合には考慮が必要です。

2.フラット35フラット35は、その名の通り最長で35年間金利が固定される住宅ローンです。
金利変動リスクがないことから、将来的な見通しが立てやすく安定した生活を送りやすい住宅ローンと言えます。

ただし、フラット35を利用する場合には、民間の住宅ローンでは不要な団体信用生命保険料を毎年支払わなければいけないというデメリットがある点には注意しておきましょう。